Hub station・ 壁掛タイプ

Hub station・ 壁掛タイプ

Hub  station・ 壁掛タイプ

 

アリの往来を楽しく観察できるハブステーションになります。

壁に掛けることによって同じ目線で

より観察しやすくなりました。

壁掛タイプの巣を有孔ボードに固定して有孔ボードを壁取り付ける形で

インテリア要素も強くオシャレに気楽にアリの観察ができます。

 

本格的に簡単にアリを観察、飼育できるよう考えて一から作りました。

 

-ステーション内は螺旋になっていてアリが荷物を運ぶ際などに行き来しやすくしました。

-横でも縦でも設置できます。

- 蓋には質の良いガラスを使っていますのでよりクリアーに観察す ることができます。

- 8箇所に接続穴があるので自由に巣や餌場を接続でき 高低差が大きい場所での繋ぎにもなります。

-発送時は接続穴の6箇所にネジ式の栓がつきます。

- 頑丈な作りで安心して飼育することができます。

-ガラス蓋は2箇所をマグネットで留めるタイプで安定感があります。

-有孔ボードに設置には巣の裏にある取り付け穴付属の専用留め具で固定します。取り付け穴は8箇所ありますが専用留め具は4つ付属になります。巣の取り付け方によって

都合の良い取り付け穴をご使用ください。

 

小~大サイズの日本のどこにでもいるようなアリ(ムネアカオオアリやクロオオアリにも)から
グリーンヘッドアントや肉アリ、トゲアリなどの海外のアリにも適しています。

 

巣のお手入れや巣を取り外したい場合は有孔ボードを

壁から下ろして有孔ボードの裏から巣を取外すようになります。

現在のところ石膏ボードの壁用に作成しましたので

石膏ボードの壁にのみコーナーホールダーで有孔ボードを取り付けられます。

他のタイプの壁の場合は他の方法にて壁に取り付けてください。

なお有孔ボードと壁の間に1センチほどの隙間が必要になります。

木製壁用のホールダーも試作中でございます。

 

材質  : PLA(人体に無害な素材で安心です),

                ガラス板(2mm)

サイズ : 約9.5cm x約4.5cm x 約2.5cm

接続穴 : 8mmチューブ用 (インナー6mm)

  • 発送時の製品について

    反射して写真が撮れないため

    商品写真に蓋や磁石がないものもありますが、

    全ての巣にカバーが付きます。

    左右に接続用の穴があります。

    発送の際は2つのうち2つの穴に蓋がつきます。

    接続用のチューブは別途ご用意下さい。

  • ご使用方法

    Hybrid Nest 2 Side type のご使用方法は こちら 

¥1,250価格